FC2ブログ

記事一覧

このゲームの基本的な考え方

このゲームの勝利条件ってご存知ですよね。

a:アルカナコアを破壊する
b:戦力ゲージを相手チームより削る

aが達成された時点で確定で勝利です。
ただ、現状ではそうでない試合の方が圧倒的に多いので、
基本的にはbを目指します。

基本的な考え方として目標を決めて、全部逆算します。

・アルカナコアを破壊したい
・その為にはゲートキーパーを破壊しなければならない

ゲートキーパーの防御力はそのレーンの二本あるガードタワーの残り本数で決まるので、
まず先にガードタワーを破壊した方が効率が良い・・・というか現実的というレベル

ガードタワーを破壊したくても、相手プレイヤーの妨害にあう
だから、相手プレイヤーを何らかの形で無力化する必要がある


無力化というのは無視できると言い換えて良いです。
相手プレイヤーの存在が、ガードタワー破壊の時に障害にならなければ良いのです。

一番楽なのは、相手がガードタワーの防衛にいないこと。
それは相手レーナーがなんらかの理由で不在であれば楽に折れます。

というわけで、稀にいる負けパターンそのイチ。
相手と同数又は、人数で負けているレーンを無視して
他のレーンに行っていけない。

1:2まではタワー込みで構成次第でなんとかなることがありますが、
1:3は基本的にどうしようもありません。大人しく援軍を呼びましょう。
こなかったらGG(ゲームの勝敗は決しました)
いやいや、未だわかりませんけど、そんな気分です。

ましてやフリーでタワー折られるなんてのは、
死んでる以外の理由ではまず無くしたいことです。
BD(バックドア)型は視界取れてないと難しい場合もありますけどね

もちろん他のレーンや、ジャングル、ミニオンアークに行ってもいい場合もあります。
1:自分達がレーンをプッシュしていて、かつミニオン状況を無視して相手が自軍タワーを攻撃できない。
2:味方が育っているor相手が腐っていて人数が不利でもタワーを守りきれる。
3:敵よりも自軍の誰かの方が自軍タワーまではやく駆けつけられる(それが自分でないのなら要意思疎通)

それ以外にもクロノフリーズなんてのもありますが、書いてみたら長くなったのでここでは省略します。

1:自分達がレーンをプッシュしている
相手がミニオン状況を無視できない状況下において、レーンをプッシュしていればタワーは安全です。
なのでとりあえずレーンを押せていれば中盤までは大丈夫です。

ただし、このゲームは視界があまり取れないゲームなので、裏から周り込まれる危険も含みます。
その為、mapを見てmap上にいる相手の数は把握しておいた方が良いです。
相手の数が足りてない時に、帰還(リコール)したのか、どこかへ走って消えて行ったのか不明なので、
走って消えて行った場合は報告をあげてあげると他のレーンが警戒できます。

現状私のいるレートではほとんどありませんけどね。
上位レートに行くなり、ゲームが成熟してくれば、そういう報告は増えてくると思います。
あるいはスカイプなど使っているなら、そういう会話は重要です。

というわけで、レーンを押し切ってるような時に初めてミニオンアークを取りに行きます。

ミニオンアークについては色々意見がありますが、自分の場合、
超魔などのキャリー型、タイマン性能を求められるデッキだと正直あまり取りたくないです。
相手より育ってor完成形に早く辿りついてこそ!みたいなデッキだと、
ミニオンアークを取ることは成長の遅れに繋がるので、どちらかと言えば相手より育ってなくても、
集団戦で役割があるタイプにお願いしたいのが本音。

複数人でミニオンアーク取ると制圧こそ早いですが、レーンにいた方が成長早いので、
キャリータイプにとってのアークの優先度は序盤は特に低いと思います。

ただ、何かのついでに敵味方問わずにジャングルを狩ることはあります。
ついでどころか、あると戦績ががらっと変わるバフもありますが、これは別の記事でまとめます。

ともあれアークミニオンを利用して、相手の隙をついてセカンドタワー狙いに行く人がいる時は
とても効果的ですけどね。
何より裏周りされる可能性が減るので、
勝つ土台がきちんとできているならアーク占領で安定感が増します。


逆に三人いるレーンで押しているなら、一人は制圧に向かって欲しいです。
やはり2:2で一人抜けるより3:3で一人抜けた方が未だ負担は少なめですからね。
ただ、それでレーン戦が崩壊してしまうなら無視して構いません。

もちろん、1本目のタワーが折れていて視界が狭かったり、
何度もgunk(裏周りの強襲・挟撃)されてデスが生まれてるような状況だと、
本音で言う所の優先順位は変わってきますが、恐らくそういう展開の場合アークに割く余裕はないと思います。

ただでさえ育成が相手より遅れてるのに更に遅れるような行動を取ると、
リードを広げられてしまいます。

というわけで、gunkが予想される負けてるレーンはミニオンに一撃入れるマナ回収だけしっかりして、
なるべくレーンは押さない。ただしなるべくタワーにはラストヒットを取られないように努力はする(マナ回収量が減る為)
タワーから離れれば離れる程、勝ってる相手にとっては殺せる距離が伸びて確殺率があがります。

っといきたいわけですが、全レーン負けてると序盤中盤まではワンチャンタワー割りに行く機会さえなくなってしまうので、
自分の所が押せるなら勝つ為に押すしかありません。押せないなら仕方ありません。他レーンに期待しましょう。
終盤なら人数集めて、相手の方が人数少なければ負けててもミニオン無視でワンチャンあります。

どうしても勝てない試合ってありますからね。
その時は精一杯できることして足掻いてみて、次に生かせる何かを見つけましょう。
勝てそうな試合をちゃんと拾っていけるなら、勝率50%は超えますから。

2:自軍が育っているor相手が腐っている
レーン戦で相手との格付けが終了したぐらいに、デッキによっては人数不利でも捌けます。
むしろ未だ未だこのゲームわかってない人が多いので、人数不利でも普通に勝てるまであります。
今後はそういうのは減っていくとは思いますけどね。

自分のレーンで生まれた有利を、他レーンにも分けにいきましょう。
1レーン勝ちが2レーン勝ち、全レーン勝ちに変わります。

注意しなければならないのは、自分のレーンを完全に放置してはいけません。

あくまで、自分のレーンありきです。最低限レーンに残ってる人が死なずに、
マナや経験値を取れている必要があります。
他レーンで無駄にしていいわけじゃありません。ここらへんの判断は難しいので、
ある程度慣れてからやってもいいと思います。

このゲームはmapクリックして、そのエリアの様子を見れませんし、
移動距離が結構あるので本当に自分のレーンを離れるのは難しいと思います。
グループではなく野良でやっていると、特にここらへんは相手の技量等見極めないといけないですからね。

自分が育つ&相手を腐らせる為に。
これについては別記事で書きます。

他にもレーンswapとかもありますね。実際にこのゲームでやったことは未だありませんけど。
要は自分が超育った!対面の相手が凄い腐ってる!で、別レーンの人が腐ってはないけど辛そう。
だからレーン交換しませんか?ってやつですね。

自分は超育ってるからどこのレーンでも勝てる。
味方は完全に腐ってる相手とレーン戦することになるから、持ち直せる。って感じのものです。

「俺さ!超育ってて誰相手でも無双できるからレーン交換しようぜ!
うちの対面完全に腐らせたから、あんたうちのレーンに来ればすくすくと育つぜ!」

とか言ってみたいです(笑

3:敵よりも自軍の誰かの方が自軍タワーまではやく駆けつけられる
所謂レーンフォローというやつです。
何らかの理由で自分がレーンを離れてでもしなきゃいけないこと、した方が良いことがあった場合に、
自分がホームに戻るor別レーンに行く。その代わり別の味方にフォローして貰う。
これは多分皆さん当たり前にやってることだと思います。

※ここでは一切触れてませんが、デスの数によってもゲージは変動します。
ただ、タワー1本折れるかどうかに比べて些細な問題なので、ここでは触れません。
2の自軍が育っている&相手が腐っているに関わってくるので、その時に触れます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント