FC2ブログ

記事一覧

適正距離

特別大した話でもありませんし、どこかで学んでいなくても、
感覚的にわかってできる人はできてる話です。

皆さん、レーン戦での相方との適切な距離感ってご存知ですか?

デュオレーンでの適正な距離は、
狙いたい相手を頂点として自分と味方が底辺になる正三角形の布陣が良いと言われています。

辺の長さは、自分の持っている使い魔の攻撃最大射程です。
これが攻撃寄りにシフトすればする程、最低射程距離が辺の長さの正三角形になっていきます。
要は全ての攻撃が射程距離内なので、攻撃の密度が上がるってことですね。

このゲームの近接特化型だとプレイヤーの射程が350なので、この法則をそのまま当てはめると、
多分攻撃を喰らい過ぎると思います。
その為、もうちょっと広く解釈をして、相手の硬直を通常攻撃やスキルで取れる距離。
そのあたりが妥当なのではないでしょうか?

後はまあ、味方の射程が凄く長くて自分が短いなら、
若干カタチは崩れますけどね。

もちろん、スキルを避けれない場合や、全く自衛手段がなく殺される可能性がある場合、
戦力的に劣っている場合はこの限りではありませんし、
攻撃を避ける為にこの陣形を崩すことも普通ですが、基本はこのカタチを意識して下さい。
あくまで味方と敵が互角以上であるとするならば、正三角形をなるべく維持した方が良い…という話です。

ただ、少なくとも、攻撃する時や仲間を守る時、仲間に守って貰う時などでは、
この正三角形のポジショニングは当てはまることが多いのではないでしょうか?

いずれにしろ、この正三角形のポジショニングには理由があります。

味方との距離がスキル又は通常攻撃の最大射程と同じ
これだと、ブリンク(移動スキル)で敵が強襲してきても、味方を襲っている相手に攻撃ができます。
普通にトコトコ歩いてくるなら尚余裕ですね。味方が襲われている時でもこれなら戦闘に参加できます。

逆にこれが近すぎると、相手の範囲攻撃に二人同時で喰らってしまうので、ある程度離れていることは必要です。

敵との距離が自分のスキル又は通常攻撃の射程と同じ
相手が何をしてきても必ず反撃ができます。有利不利まではその距離に対応できるものをどれだけ持っているかに拠りますが、
相手のHPを必ず減らすことができる距離です。

ただし、相手が杖装備で遠距離使い魔、こちらが盾剣の最低射程で、遠距離スキルなし・・・とかだと、
このポジショニングを維持するのは難しいですが、攻める時はこの距離に入っていなければ攻撃はできません。
相手の通常攻撃やスキルの硬直にこちらの攻撃が刺さる距離で、出入りする意識です。

射程距離に入れるタイミングとしては、相手がミニオンを攻撃するタイミングがベストです。
このゲームでマナを獲得しようと思うと、ミニオンが死ぬ前の10秒間の間に攻撃をしなければならないので、
相手に育つ気があるのなら、攻撃の硬直は必ず晒します。

相手の呼吸を読んで、そのタイミングで前に出ましょう。
ミニオンのHPが減ってるいる程、相手に猶予はなくなりますし、
そうなってくるとマナを諦めるかどうか・・・という選択も迫れます。

もちろん問題もあります
相方が自分と敵との正三角形を維持する気がない場合です。
自分が相手の硬直に攻撃を刺しに行っても、狙っていない別の敵からの自分だけが一方的に攻撃を受けてしまう上に、
相方が反撃できる距離にいない為、レーンとしてのダメージ交換で負けます。

というわけで、相方が前に行ったら自分も前に出る!
なんて話はどこかで聞いてるかも知れませんが、この前に出るの意味は、

けん制程度であれば最大射程を維持して前に出る。
より攻撃的に動くのであれば、全攻撃の射程に入れるように動いていく・・・そんな感じですね。

もちろん、常にこの正三角形が正しいとは限りません。

先に前に出る相方がある程度の精度のダメージ予測ができない人だと、
二人とも危険なんですよね。

相方を信用するしない、ソロだと色々あるかと思いますが、
良い距離感覚を持ってる!と思った時にはこのことを思い出し見てください。

逆にグループでやるなら、距離に関する価値観は合わせておきたい所ですね。

Q:狙いたい敵に対しては正三角形だけど、2vs2におけるラインで考えるとどうなるの?
A:余程射程差がない限りは攻撃可能な距離を出入りしつつ、
敵二人に対して平行になるのが良いです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント